野波麻帆 名脇役女優、初の濡れ場

野波麻帆 映画『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』全裸の濡れ場

女優の野波麻帆。2009年、『セレぶり3』で連続テレビドラマ初主演。2013年の映画『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』ではヌードシーンを演じた。

映画「つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」(2013)

野波は1996年、第4回「東宝シンデレラ」でグランプリを受賞し芸能界デビュー。1998年に『愛を乞うひと』で主人公の娘・深草役を演じ、第22回日本アカデミー賞新人賞・助演女優賞など数々の賞を受賞した。2012年12月に俳優の水上剣星と入籍。翌年6月29日には、第1子となる女児を出産、2015年に第2子女児を出産した。