高島彩 元フジテレビの絶対的なエース女子アナ

高島彩 初の報道番組のレギュラー

情報番組「サタデーステーション」でメーンキャスターを務めるフリーアナウンサーの高島彩(38)。

情報番組としては異例の“土曜夜9時枠”とあって、放送開始前から注目されるも結果はどうも芳しくないご様子。かつては、フジの絶対的なエースで、人気でも頂点を極めた高島アナが、テレ朝で報道番組のMCを務めるという“目新しさ”こそあったものの、人気女子アナが毎年誕生する世界においては、高島の存在は「いまさら」という反応が強い。

初回放送は8.7%と微妙な数字で、第2回で8.8%と微増したが、第3回は7.3%と下降し、直近の第4回(5月13日)では6.9%と、苦しい状況に陥っている。

月船さらら 隠し持っていた豊満な肉体と溢れ出る大人の色香

96年宝塚歌劇団月組公演で初舞台。その後、宙組、月組で男役スターとして活躍した元タカラジェンヌの月船さらら。2005年の退団後は舞台や映画で活躍を続けている。

2008年公開の主演映画「世界で一番美しい夜」ではフルヌードになり、過激な性描写もあってR18指定だったことから、当時、すごく話題になった。この演技が高く評価され、翌年の第30回ヨコハマ映画祭では最優秀新人賞、おおさかシネマフェスティバル2009でも新人賞を受賞。