AKB48 向井地美音 また上を目指して頑張りたい

向井地美音 アンダーガールズのセンター

「第9回AKB48選抜総選挙」で17位に入ったAMB48の向井地美音。

AMB48チームKの向井地美音(19)が、3万5201票を獲得し、17位にランクイン。2年連続での選抜メンバー入りを目指していたが、あと少し届かなった。昨年は13位で初の選抜入り。今年は速報29位と出遅れたが、7位以内に入れば「ブルマで滝行」という仰天の公約を掲げて伸び足を見せたが、目標は達成できなかった。17位と選抜を逃したが、17~32位のアンダーガールズのセンターを射止めた。

向井地美音(むかいちみおん)
1998年1月29日生まれ、19歳。埼玉県出身。愛称みーおん。

2013年にAKB48の15期生オーディションに合格。グループ加入前はドラマ&映画『アンフェア』シリーズで篠原涼子と香川照之の娘役を演じるなど有名子役として活動。44thシングル「翼はいらない」で初の単独センターとなった。今年1月には、東京・TDCホールで初のソロコンサート『向井地美音ソロコンサート ~大声でいま伝えたいことがある~』を開催した。

過去の総選挙は第1~4回加入前、第5回不参加、第6回から圏外→44位→13位。