高畑充希 豊かな感性の若手実力派女優

高畑充希 ドラマ「過保護のカホコ」で民放ドラマ初主演

昨年前期のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』でヒロインを務めた女優の高畑充希。

小柄な体に愛くるしい顔立ち。なのにひとたび演技に入ればどんなベテランとも互角に渡り合う存在感を見せ、歌まで本格派。7月12日スタートのドラマ「過保護のカホコ」で民放ドラマ初主演となる。同ドラマは、何から何まで親の庇護の下で生きてきた“超純粋娘”が、さまざまな経験を積み成長していく中で、家族の問題を次々と解決する痛快ホームドラマ。

舞台を中心に活動していた高畑は、2007年からテレビドラマに進出。13年後期の朝ドラ『ごちそうさん』で、主人公・め以子(杏)の義妹・希子役を演じてブレークを果たした。朝ドラ『とと姉ちゃん』で、“若手演技派女優”としての評価を確かなものにした。