上白石萌音 透明感のある声と表現力

上白石萌音 注目の若手女優

昨年カバーミニアルバム『chouchou』でCDデビューした上白石萌音が、7月12日にアルバム『and…』をリリースした。

今作には、秦基博が楽曲提供とプロデュースを務めた「告白」やandropの内澤崇仁が提供楽曲「ストーリーボード」、プライベートでも親交のある藤原さくらが初の楽曲提供を果たした「きみに」など、豪華アーティストによる楽曲を収録。

2017年の「タレントパワーランキング」女優部門の急上昇ランキングで8位に入り、若手トップクラスの成長を見せている19歳。上白石は、11年の「東宝シンデレラ」オーディションで審査員特別賞を受賞し、14年の『舞妓はレディ』で映画初主演。アニメ映画『君の名は。』でヒロイン・宮水三葉の声を担当した。

初のオリジナルアルバム「and…」