范文雀 未公開ヘアヌード

范文雀 エキゾチックな風貌と確かな演技力

スポ根ドラマの金字塔として最高視聴率39.3%を記録したテレビドラマ『サインはV』に悲運の混血アタッカー「ジュン・サンダース」役で出演し人気を決定づけた。以降、多くのテレビドラマや映画に出演した。

范 文雀(はん ぶんじゃく)Bunjaku Han
生年月日 1948年4月15日 – 没年月日 2002年11月5日(満54歳没)
出身地 東京都
血液型 O型
身長 cm
スリーサイズ B W H
女優

1968年、テレビ番組『特別機動捜査隊』に端役で出演し女優デビュー。1970年、ドラマ『サインはV』に混血アタッカー「ジュン・サンダース」役で出演。ドラマ『アテンションプリーズ』に出演し、人気は不動のものとなった。人気絶頂期の1973年には、『2丁目3番地』で共演した寺尾聰と結婚、一時芸能界を引退したものの、翌1974年には離婚し、芸能界に復帰した。1998年頃、腋のリンパ節から悪性リンパ腫との診断を受ける。半年間に及ぶ入院治療などによって小康が得られていたが、2002年10月中旬から体調が悪化、11月5日午後1時38分、入院中だった東京都内の病院で死去した。

懐かしの女優 范文雀 ミニスカ映像